2017年05月17日

音声は有りか無しか

同人エ○ゲーにおいて音声は有りか無しか

あった方が良いかどうかという意味では
良いに決まっている。と思う
でも人によっては無い方が良いという人もいるだろう
キャラクターの印象と違う、とか 自分の好きな声を脳内で流したい人(?)だとか

私の場合で言えば、どちらでも構わない
無しなら無しで特に問題はないし、あまり気にすることもない
有りなら有りで、色々とはかどることもあれば
上記のように『もうちょっとこんな感じだったらいいな』と思う事も稀にだがある

こと同人エ○ゲーにおいては
男性の音声は言わずもがな、女の子の音声も無いものの方が圧倒的に多い
これはおそらく、好き嫌いの以前に
個人製作であるための手間だとか、作業量、あるいは金銭的な理由によるところが大きいだろう

特に手間と作業量に関しては
音声の有りと無しとでは、圧倒的に違ってくると思う
(まだ作ってないからわからないんだけど)

これまで特別気にすることのなかったエ○ゲーの音声なのだが
いざ自分の作品となると
入れるべきか入れないべきかを悩んでしまう
中には、日常パートを文章のみで進めて
Hシーンに入ると音声を当てている作品もあったりする
それはそれで有りだと思うんだけど
『えっ!この子ってこんな声なの!?』みたいな問題が生じやすいとも言える

今はまだ何とも言えないなあ…
製作過程で音声への欲求が湧き上がってきた時に考えようかな…。

声優さんと言っても、事務所に所属されているようなプロの人から
個人で依頼を請け負い、自宅で収録をされる、いわゆるネット声優さんという人もいるようだ
その際には、ブログやメール等で連絡を取り
ビジネス的なお話しもSkypeなどの音声通話サービスを使って行うことになると思うのだが

『このキャラクターの台詞を、こんな感じでお願いしたいのですが』

『はぃ…。 んっ…すごく…大きいです…。』

『(ごくり) どこが…大きいんだい』

『えっ…と…それわぁ…』

『これのことだろう…?(ボロン)』

―通話が終了しました―


といったことにならないよう、最大級の紳士的な態度で臨まねばならない。

個人的には男性の音声があっても良いんじゃないかなあ、と思う
そんな作品はほとんど見たことないけど
行為を盛り上げる際の演出として一役買ってくれる効果はあるものだと思っている

気が付いたら製作クレジットの音声の欄に
私の名前が載っているかもしれない
しかしこれは、テストプレイ時の私の精神に多大なダメージを与えてしまう
諸刃の剣であることは疑う余地のないところであろう。




posted by モロペン at 11:48| Comment(2) | たあいのないこと

2017年05月12日

Die2話 キャラクターって難しい

キャラクターってむずかしい

同人エ○ゲー
ゲームとは言えど第一に来るのは絵だ
そしてその主役はやはり女の子、主役である女の子の絵が何よりも大事だ

そんなわけで練習に明け暮れている私
ある高名な方は「下手でもいいからとにかく作品を作れ」と仰る
それはもっともな事だと思う
上手くなってから、きちんと描けるようになってから
という気持ちは誰しもが持っているものだと思うけど
それは1年後なのか2年後なのか、少なくとも短期間で見違えるように上手くなる
なんていうことは絵の道においてはないだろうから。

十分わかってはいるものの
現在の私の力量では、ファンタジー世界から妖怪を召還してしまうため
最低限人の形を保てるようになるレベルまで...という気持ちがどうしても拭えない
また、当製作活動は
ネットサイトを通した商業作品としての販売を目的としているものであり
一度世に出たものは未来永劫残ることになる
また、ユーザーさんからお金を頂いて遊んでもらうものであるため
とにかく作る、という行為にブレーキが掛かってしまっている

とはいえ、自身が納得できる品質と、製作進行との折り合いをつけねばならない


(話しが逸れてきた)

「品質」なんていう言葉を使ったが
こと同人エ○ゲー関して言えば、それはあってないような物だと思う
品質の高い絵が必ずしも良いものなのではない
という実感が、幾星霜にわたる私のエ○ゲー暦の中にある

かつてのファミコン、スーファミのゲームが
今の時代になっても色あせず人の心に残っているように
デフォルメの掛かったドット絵であろうと
そこには、ユーザーの想像力という力の補完が掛かっていて
小さなキャラクター、見栄えの良くないキャラクター達も
ユーザー自身がそれぞれに思い描く姿や動作、あるいは感情といったものに変換することができた
Hな絵ともなると、それはなおさら顕著であった

大手メーカーなど、プロの絵描きによる絵を批判する気持ちは全くないが
デッサンの整った、線が綺麗で、彩色がバッチリの絵というのは
ある意味、悲しい絵とも言える
全ての現実を白日の下に晒されているようで
批判のしようがないものは、そのまま受け入れるしかない

同人エ○ゲーにおいては
おそらく私を含め、会社組織ではなく個人で作っている人が多い
個人で作る以上、全ての作業を単独でこなすことになる
当然、絵の上手くない人も多いし、そのことはネット販売サイトに目を通せば一目瞭然だ

しかし、なぜかエロいのだ。
品質の高い絵ももちろんエロいのだが
そうではない絵も、なぜかエロいのだ。

すぐ↑の方で想像力がなんたらとうんちくを垂れているので
理由はまあそういうことにしておいて

個人製作の作者がそれぞれに描く、拙くとも等身大のエロさ
これこそが、同人エ○ゲーの最大の素晴らしさであると私は考えている
同時に、私もそのような世界を目指したいと思っている


話しが終わったところで私のキャラクター'sを見ていただこう
私の心の師匠であるM氏の言葉
『上手い人の絵には三角形が多い』に則り
トライアングルを意識して仕上げたものとなっている

まあ、私の製作物はこんなハートフルな絵柄とは似ても似つかないものになる予定なので
お花畑感のある←の子や、人生を斜に構えてる感のある→の子が
どんな凄惨な足跡を辿っていくのか
私の想像力はビンビンになっているのであった
  

IMG_1619.JPG


posted by モロペン at 13:03| Comment(0) | 製作記録

Die1話 ブログ消滅

あああああああああああああああああ

つい先月立ち上げた当ブログ
同人エ○ゲー製作開始の幸先にと、同人エ○ゲーの何たるかについて渾身の日記を書いたのち放置していたら
なぜか消滅していた。

もしやHな日記はダメなのか...?と思っていたらどうやらそうではなく
さくらレンタルサーバーには「2週間の無料お試し期間」というものがあり
本契約の手続きを私が怠っていたためだった


そんな話は置いといて

当ブログは、同人エ○ゲーサークルLAstudioの製作記録として立ち上げたものです
製作状況のお知らせや、サンプル絵の紹介、ゲーム内容の説明などなど
可能な限り積極的に更新していこうと思っています
本当に1からのスタートですので、右も左もわからないような感じですが
少しの緊張感と、責任感を持って製作に取り組んでいるところです

さて、現在の進行状況はというと

ストーリー   90%
キャラ案    90%
キャラ絵    20%
CG         0%
BMG         0%
実作業        0%

なんという燦々たる状況。
私の頭の中では既に完成している。とポジティブに考えられないこともない
posted by モロペン at 11:02| Comment(0) | 製作記録

2017年05月10日

てすと

てすと
posted by モロペン at 23:12| Comment(0) | 日記